2013年05月10日

中高年向けコンビニエンスストア企画の裏側、コンセプト編


中高年向けコンビニエンスストア企画の裏側を紹介します。

コンビニプロジェクトの続きです。

前回の内容はこちらをご覧下さい。
http://blog.rabbits-coco.com/article/359856095.html


コンビニエンスストアの新サービスを検討するために
アンケートを実施して結果が出ました。


・宅配便の窓口は「宅配便専用カウンター」がある
・イートインコーナーは「カウンター席」がある
・携帯充電は「商品購入時は無料で利用」できる
・新製品コーナーは「ケンミンショーで紹介された特産品」を扱う
・ポイントは「来店+購入ポイント」が付く
・地域交流として「地域の掲示板」がある
・店内の御用聞き(話し相手が)がある・なしは「ある



 

コンビニ新サービス企画案.jpg


この組み合わせサービスを実施しただけでも十分他社との差別化はできますが、
店内での基本サービスですので、さらに集客を狙うサービスをアンケートの
自由回答からお客様の声を集めてみました。

地元の野菜を取り扱って欲しい」の声が多く挙がりました。

そこで、地元の農家と契約をして、コンビニの駐車場で場所の提供をし、
採れたて野菜の朝市サービスを考えてみました。


0602.gif


まずは、曜日を限定して「土曜日」、「日曜日」に実施して
集客の状況を確認します。

農家の協力を得て平日に拡大してもいいでしょう。

コンビニとしても低予算で、集客メリットがあります。

地元農家としては流通先の拡大とお客様との交流ができます。

お客様としてはコンビニで地元の新鮮野菜が手に入ります。

まずは低コストでお客様のニーズを満たしたサービスを展開する提案にしました。


コンセプトは
近くにあって便利な存在から
地域の情報交換の場の一つとしての存在へ


年を取ってくると食事の支度が面倒になるが、
コンビニの弁当はカロリーが高めで、重たい。

軽いサンドイッチと思ってもスーパーやデパ地下の方が
メニューも多いし軽いものが多い。

本当は、近くのコンビニで済ませたいと思うが、
欲しいものがないように思える。
高齢者が立ち寄りやすい品ぞろえがある存在になってほしい。

中高年の声を元に、売れるコンビニに変わると確証しました。


中高年向けコンビニエンスストアの企画の裏側をお伝えしました。

■□************************□■
売れる商品づくりから販売支援までお手伝いさせていただきます。
あなたのお悩みをお聞かせください。

セミナー(アイデア発想法・売れる商品づくり)のご依頼もお気軽に
ご連絡ください。


有限会社ラビッツ・コーコ
ボイスコンダクター 「チーム・ラビッツ」
TEL 042-399-3440
HP:
http://www.rabbits-coco.com/
■□************************□■



posted by rabbits-coco at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コレタメプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。